So-net無料ブログ作成
不動産 ブログトップ

不動産セクター [不動産]

大分叩かれました。

特に俺が今年大儲けした銘柄が暴落。

今月頭にすべてカバーしていたので助かったが、危なかった。

っが、18日で底打ち感があり、短期リバ狙いで結構買い戻した。

俺の買い戻しポートフォリオは以下だ。

8870 住友不動産販売(株) 
8840 (株)大京 
8897 (株)タカラレーベン 
8895 (株)アーネストワン 
8875 (株)東栄住宅 
8880 (株)飯田産業 
8915 タクトホーム(株) 
8879 東急リバブル(株) 
8933 NTT都市開発(株) 
4321 ケネディクス(株) 
3231 野村不動産ホールディングス(株) 

10%取れ次第、カバーしていく。

不動産 [不動産]

不動産はそろそろ買い戻そうかと思っている。
明日からのUFJ増資の相場の流れを2、3日ウォッチしてからだが。

しかし、気持良く下がっているな。

どいつもこいつも底値に見えてしまうが、ここはこらえて様子見だ。

ウォッチする銘柄を以下に書いておこう。
8870
8895
8875
8880
8915
8933
3231

リートは、
3229のみ


パワービルダーは未だ行ける [不動産]

来週末、8895 アーネストワンの2Q発表がある。
飯田の好決算から点火されたパワービルダーの超水準調整が依然継続されている。

パワービルダー銘柄はあまりないが、
旧一建設から派生した、ファースト住建。
飯田産業、アーネストワン、タクトホーム、東栄住宅。
後は、大成建設から派生した有楽土地。
東栄を除いてはどいつもこいつも絶好調だ。
上方修正は必至。

さすがにチャートを見ればボラ的にはついついリカクしたくなると思うがまだだ。

特に、アーネスト、タクト、ファースト住建。
こいつらはそれぞれ、業績的に最低でも以下までは行くだろう。
アーネスト:1、200円
タクト:110、000円
ファースト:800円
飯田産業は2000円を目指すかもね。

東栄はPBRで割安に見えるのでつれ高するが、こいつは上記の中で最も出来が悪い。
単純に経営者がアホなのだ。上場当初にできる男達は去ったのだ。
ブルーミングシリーズ、計画が甘かったな。慣れないマンデベで調子に乗っちまったな。
まぁ、疑義もとれたし今後の健闘を祈りたい。

有楽は大成次第なところもあるので、もう天井の可能性が高い。

さて、こいつらが天井をつくのが年内で、それ以降は右肩下がりに業績は落ちると思う。

こいつらが何でこんなに急激に儲かっていると思う?

実に簡単。土地を激安で仕込んだから。
つまり、サブプライムで死にかけたときにタダでは起きずにがむしゃらに安い土地を買いまくった
からこれが当たっている。たくさん買ったとこほど利益が出る。

そしてそろそろ、売り物が無くなってきている頃だろう。

そして地価は騰がり始めている。

来年はこんなうまくはいかないぞ!

急激に回復した会社は急激に悪化するリスクがある事を忘れてはならない。

っが、未だ1割は絞りとれるぞ。

俺は骨の髄まで吸いつくす。
(半分リカクした利益だけで、現物不動産を数戸購入したぞ)

「4321ケネディクス」は3万切ったら買い [不動産]

個人投資家に大人気のこのおバカ銘柄。

ここには”投資”できない。
限りなく博打に近い”投機”として遊ぶのだ。

おバカ銘柄は俺の博打勘では、あと1年くらいは、
25000~40000のボックスとみる。

今の中途半端な株価なら、手を出さない方がよろしいでっしゃろ。
あんまり動かんし、おもろくない。

俺はオフの日にこいつでデイをたまにする。

「8870住友不動産販売」はそろそろ買い戻さないと [不動産]

販売業者がここ最近、えらい売り込まれている。
民主党の公約として騰がっている「両手取引禁止」が影響していると思われる。

こんな公約実行されるかいな?
亀のモラトリアムと同様、あり得ないだろ。

だって、買主を売主業者が探して駄目だとすると、
明らかに流通は閉塞するだろ?
大体、広告は誰がやるんじゃい?

ったく、民主党は日本を社会主義国にするつもりか。

以上より、俺は売られすぎと思っている。

4000円までは戻して妥当。
東急リバブルも同様に1000円までは戻すかと。
東京建物は純粋な仲介業者じゃないのであまり影響(下げ)を受けていない。

「8933NTT都市開発」は外した方が良いかも [不動産]

「8933NTT都市開発」の動きがここ最近変だ。

俺は一旦外した。

ここは、大手財閥不動産や日経に連動するのが今までの動きだが、
ここ2Wばかりは独りで下げている。

これは何かある。

ここ最近、水面下で地価は騰がりつつあるが、ここは元々電電公社の安い土地で運用
しているので他不動産に比べてはむしろ有利になるはずである。

賃貸、分譲事業も概ね会社の予想通りに業績は推移していると思っている。
気になるのは今期から新規事業として取り組み始めた、アセットソリューション。
こいつが怪しい。
そもそも何で今更この分野に力を入れたのか?
もう成長分野では無いでしょ!!

きっと、こいつが業績を圧迫し、資金繰りが芳しくないんじゃないか。
この流れで増資へ。

きっとこんな情報がファンドで流れていると想像。

まぁ、拾うなら7万を割ればだな。

こういった変な時は一旦外すに限る。

逃げろ~

不動産 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。