So-net無料ブログ作成
検索選択

5002 (昭和シェル石油) そろそろ本気買い [テック]

5002をそろそろ本気買いをしようと思う。

700円を割れば等と厚かましい事を思っていたが、無理だな。
25日が権利確定日なので、月、火で買おうと思う。正確には買い増ししようと思う。

しかし、よくもまぁこんなに下がったもんだ。
しかも、ろくに戻っていない。
現在の簿価1000円超え。
こいつを850あたりまで持って行きたい。

ここまで叩き売られた理由は単純に決算が悪いとの折り込みだろう。

先生のおっしゃる通り、ここのアナリストは石油屋さん。
CIGSの事は疎いのだろう。
俺のカテゴリーは”テック”だ。

来年、再来年が楽しみだ。

JFE強いな

JFEが先週ノンストップで騰がった。

2800~3000でスイングさせていたので、やや乗り損ねてしまったが、
結構儲っている。

まぁ、今まで下げすぎていたので戻って当然なのだが、
豪州でのガス管の受注が効いているのかも知れない。

何にしろ、今後の海外環境を考えても引き続き高級鋼板の需要は高いであろうから、
俺はまだまだカバーしない。

目標4000円。

【3268 一建設】 JASDAQ上場

12/25に上場予定である。

この会社はパワービルダーの4兄弟(飯田、東栄、アーネスト、タクト)である本家でもある。
バリバリの現金至上主義で、手堅い経営をモットーとする。
想定発行価格は2,300円で単元数が100株。

さて、何故この時期に上場し、資金を充当するかがポイント

地価が上がってきており、今後右肩上がりに地価が上がっていくと想定して、
今の内に全力で土地を仕入れたいのだろう。
又、大株主に名を連ねる飯田一族殿がかねてから上場させる
チャンスを伺っていた事は間違いなく、万を持してとも取れる。

他の上場企業に比べ、公募資金分優位に立てる。
又、10.1期は営業利益は約倍になる会社見通しも手伝い、
良いスタートダッシュをきれるのではないか。

パワービルダーは如何に土地を安く仕入れられるかがポイント。

反面、既上場企業は今年、驚異的な利益を叩きだしてしまった分、
今年のように土地を安値で取得していない分、来年はきついだろうな。
そのうち今の株価の半分くらいで落ち着くと予想している。

最近に下落は上記を織り込んでいっているような気がして、押し目拾いは手控えしている。

直近の戻りをショートした先生はさすがです。


【7733オリンパス】はショートだな

短期資金の流入で急騰している。
輸出メインのオリンパス
ニコンキャノンに比べ完全に調子乗ってる。

駄目だろ。

テクニカル的にも売られやすいバリエーション。
この先の円高を見越した増資も十分考えられる。

2割目標でいく。


THIS IS IT [音楽]

全く株とは関係ないが、マイケルジャクソンの「THIS IS IT」の映画
DVD化される事が決定したようだ。
ブルーレイ版もあるようだ。

発売は2010・1・27

メモリアルDVDボックスという数量限定商品はすでに完売している。
熱烈なファンの俺としては非常に残念だ。

やはり、この情報社会、いち早く情報をキャッチした奴が勝てる。

また反省だ。

次世代エネルギー関連 [テック]

次世代エネルギー、つまりは太陽光エネルギー関連銘柄が、
年末から来年にかけて買われると思う。

理由は、当面に市場に大した材料も転がらず、次世代エネルギーのキーワイド自体が材料であり、
一応国策であるので。

メジャー所ではGSユアサ、アルバック等があるが、
こいつらを筆頭に買われると思うが、俺は以下の2銘柄に注力する。

1.昭和シェル
 CIGSで太陽光パネルを独占するであろう。
 簡単に言うと、生産単価が安くまた大量生産する基盤を今年拡充している。
 ちなみに、最近宮崎出張で行ったが、日立のプラズマディスプレイの工場跡地(2箇所)
 を昭和シェルが買いとっているとの現地の人からの情報だ。

2.マルマエ
 ここは液晶装置が大型化するにつれてシェアが上がっている。
 この会社の競合は未上場のしょぼい所。
 注目したいのは太陽電池用の切削加工もしているところ。
 規模が小さく、機関が介入しにくい銘柄であり、相当に出遅れている。
 ちなみに、月次は超順調である。
 7万円代は安い。倍であってもおかしく無い。
 

注意:この2銘柄は先生に教授頂いた、銘柄であり長期的には心配無用。

メジャー所:上記2銘柄=1:9
位の割合で行こうと思う。


NFTが漸く動いた [テック]

先週金曜、NFTが突如息を吹き返した。

水曜あたりから買い板が急に厚くなったから、機関が何か情報をキャッチしたとの
推測もあったが、木曜の大引けから金曜、ドカッともどした。

この背景には日経にも記事が出ていたが、パワー半導体の増産報道が効いていると思う。
当然のごとく、NFTのエピ成長装置の受注につながる話であり、うれしい限りである。

早晩、会社から何か材料が出るのではないか?

ラストの7万円代の仕込みになると思い、大いに買い増しさせてもらった。

来年はさぞかし活況であろう。

震えるね。

先週の反省

日銀の政策も期待外れと読み、先週はキャッシュショートに費やした。

結果、日経は5連勝。。。

主力テックをショートの主軸としていたので、悔しいが惨敗だ。

外資が一気に買い戻しをかけてきた形となった。
日本が緊急政策を誘導するかの如く、売り一辺倒で仕掛け、
政策後は良くやったの言わんばかりに買い戻し。
ついでに日本株はかなり出遅れているとの理由も重なり5連勝。

結果から推測するのは容易いが、外資の出方が結局日本の今のマーケットと言う、
情けない結論が出たに過ぎない。

まぁ、つべこべ言っても仕方ない。俺の惨敗だ。
日本株がつまらんのなら、海外株をやれば良いだけの話。

とりあえず、外資が戻ってきたからには本来の日経とダウの比率まで回復するんじゃないか?

当面はダウ様に左右される、いつもの流れに戻ると思う。

よって、ショートは王道の糞内需株のみにする。

海運

日本郵船、川崎汽船など、海運は連日売り込まれている。

コンテナのウエイトが高い上記のような海運はまだまだショートで行けると思う。

需給ギャップは依然改善されず、さらに新規造船は規定数分乗せられている。

改善材料は何も無く、良い事なし。

ここはショート下手の俺が唯一取れている所。

目標は後2割りで200円目途にカバーする。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。